こんな状態の時は

塗替え・防水のサインです!!


I establish such a state anew and am waterproofing construction time


チョーキング

チョーキング現象は、経年劣化が原因で起ります。紫外線により塗膜表面の樹脂が劣化、分解されてしまい、顔料がむき出しになっている状態ですので、外壁を守る力がほとんどありません。

この耐久年数が塗料メーカーやリフォーム業者の特徴や価格に反映されています。

塗膜膨れ・剥離

経年劣化による塗料の膨れや、剥がれが目立ってきたら、そろそろ塗替えの時期です。下地がむき出しのままでは、外壁が痛む最大の原因となってしまいます。

ひび割れ(Crack)

ひび割れの補修で重要な目安は、幅1mm以上や、ひび割れ部分に段差があるかを確認してください。塗膜のひび割れくらいでは、雨水が入る事はないのですが、外壁のひび割れで怖いのが少しずつ雨水が入った事によって、柱など構造体が腐食してしまう事です。

コーキング劣化

コーキング劣化すると、ひび割れや裂け目が発生して、隙間から水が浸入して雨漏りが発生してしまいます。
外壁面のコーキングは、建物の寿命を維持するためには欠かせません。

ベランダ劣化

ベランダで重要なのは、防水です。

防水性が落ちてしまうと雨水が屋内に侵入してしまうこともあり、家自体を劣化させてしまいます。

屋根劣化

屋根材の塗膜が劣化し防水性が低下すると、雨水や湿気により苔が発生します。そのまま放置してしまいますと、屋根そのものの耐久性も悪化させてしまい、結果として雨漏りの原因となりますので、メンテナンスが必要です。



Bee Homeでは、塗装工事が必要になったお客様の、一人一人のニーズに合ったお見積りを作成致します。

とにかく金額重視、材料にこだわりたい、保証・アフターケアが欲しいなど、しっかりとヒアリングさせていただいております。

まずは、気になる箇所やご希望をご準備いただけると幸いです。

遠方のお客様で、当社の職人を指名して塗替えを希望したい方がいらっしゃいましたら、ご相談下さい。

こちらからの強引な営業はしない!と指導しておりますが、万が一そういった事がございましたら、お叱りを真摯に受け止めたいと思っておりますので、ご連絡下さい。