塗装工事の流れと説明

※それぞれの工程の重要性を簡単に説明します。

足場設置

塗装・防水作業の際の安全の為、足場を設置させて頂きます。

また、高圧洗浄の汚水や塗料の飛散を防止する為に『メッシュシート』を必ずかけさせて頂いております。

養生

養生は、塗料から建物の塗装しない部分を守る役割をします。

作業の過程で塗料が飛散したり、塗装部分のはみ出しを防ぎます。

養生が適当だと、仕上がりに違いが出たり、車などにも塗料が付くという大惨事が起こります。

高圧洗浄

長年外気にさらされ続けた、外壁や屋根の汚れや苔を高圧洗浄機を使って、隅々まで徹底的に落とします。この作業を手抜きすると、後の塗装作業や仕上がりに違いが出ます。

コーキング

コーキング作業で重要な下地処理(プライマー)を必ず施工します。また、劣化具合や施工する箇所によって、増し打ちor打ち替えを判断します。

コーキングの材料によって、先打ちor後打ちを決めたり、乾燥期間をしっかりおく事によって、塗装後の見た目にも違いが出ます。


外壁塗装(3回塗り)

一般的な優良な塗装店では、下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りを基本としています。この作業を手抜きされると、折角良い材料を使用しても、耐久年数に差が出てしまいます。

※次世代塗料と呼ばれるものの中には、専用の下塗り材の使用で2回塗りが基本のものもございます。

シャッターBOX塗装

シャッターは、養生をしてしまうと、塗装が完了するまで、開け閉めができなくなってしまいます。日中の日差しが入り込まない事や、ペットの出入りに困ると思われるお客様は、養生をする前に必ず職人にご相談ください。

軒天・付帯部塗装

雨どい・破風・軒天など、細かい部分も丁寧に施工いたします。

破損している箇所がありましたら、お客様に確認し取り換えの作業も致します。

※別途料金が発生する場合がございます。

屋根補修

屋根の塗装前に、ひび割れや補修が必要な個所があるかを、必ず確認します。劣化具合によって、高圧洗浄時に痛んでしまう場合もございますが、塗装終了までに補修させていただきます。

屋根塗装(3回塗り)

外壁塗装と同じく、下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りを基本とします。

屋根に使用する塗料によっては、夏場の室内温度が変わる材料(遮熱塗料)もございます。

ベランダ防水

雨漏りしている場合や、表面が激しく劣化(剥離)している場合では、防水工事以外にも雨漏り箇所の修理(大工工事)も必要になります。こまめなメンテナンスをおすすめしております。



価格について

Bee Homeでは、お見積りの段階でそれぞれの施工内容に応じた詳細をお渡ししています。

よく見かける『30坪で○○万円』と書いてしまうと、不明瞭になってしまい、追加工事や塗料を選ぶ際に金額が跳ね上がる事があります。

そういったトラブルを未然に防ぐため、お見積り書の内容をしっかりご説明させていただき、お客様に納得いただいた金額での受注とさせていただいております。

もちろん、お見積りは無料です!

※塗料の価格は、下記のボタンを目安にして下さい。